« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月28日 (水)

高松と神戸の駅弁

 12月24日に行われたサッカー天皇杯の観戦のため、香川県は丸亀まで足を運びました。

 12月23日、名古屋バスセンター発、丸亀バスセンター行の夜行高速バス(四国高速バス)で四国入りしました。丸亀到着は翌24日のまだ夜が明けていない朝の6時過ぎ。開場11時、試合開始13時。まだまだ時間があるので、高松へ行くことにしました。朝食を取ったり、香川県歴史博物館を見学したりして時間を過ごしました。昼食用で高松駅の駅弁を2つ買って、丸亀に戻り、試合を観戦しました。試合については、「くろグ」でどうぞ。

Takamatsu2

Takamatsu3

 高松で買ったのは、アンパンマン弁当ととりめし弁当。アンパンマン弁当の中身はお子様ランチ風で完全に子ども向けです。アンパンマンの形をした水筒がグーです。ただ、プラスチックの臭いがお茶にうつってしまっているのが残念。とりめし弁当は味ご飯の上に鶏の照り焼きの切り身が載っています。また、小さいからあげも入っていました。ごはんの上に載っている乾燥錦糸卵はどうなんでしょうか。

 サッカーの試合後、瀬戸大橋、岡山を経由して、倉敷駅前のチボリ公園で、夜の幻想的な雰囲気を味わった後、岡山駅前のホテルに泊まりました。25日、岡山を後にして、神戸へ向かいました。中華街や神戸ハーバーランドで楽しんで、夕食用として神戸の駅弁を2つ買って、家路につきました。

Kobe2

Kobe3

 神戸で買った駅弁は、淡路島の玉ねぎ坊主と神戸デリカ。淡路島の玉ねぎ坊主は箱の形からして、玉ねぎ。中身も玉ねぎづくし。オニオンライスの上にフライドオニオン、玉ねぎを豚肉で巻いたもの、メンチカツに玉ねぎが入ったもの、小玉ねぎの漬け物。フライドオニオンと漬け物が気に入りました。神戸デリカは幕の内弁当で、牛肉やビーフンが神戸らしさを出しています。ただ、なぜかかにかまぼこが入っていて、これはいけませんね。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月23日 (金)

近所でクロスカントリースキー

 クリスマスを目前にして、日本列島を寒波が襲いました。東海地方も各地で大雪に見舞われ、わたしたちの三河の平野部でも10㎝前後の積雪がありました。

 わたしの冬の楽しみとして、クロスカントリースキー(クロカン)があります。最近はずいぶんご無沙汰ですが、5年ほど前は雪の便りを聞くと、乗鞍や白馬へ車を飛ばし、雪の中をスキーで歩いていました。ゲレンデスキーよりクロスカントリースキーを愛好するものなど、身近にいるはずもなく、独りで出かけていました。

 この大雪に、久しぶりにクロカンの虫が騒ぎ、家からすぐ近くの広場を歩くことにしました。こんなところで、クロカンギアを手にして歩くのは恥ずかしい気もしますが、滑ることができれば、いいのだ。
 よし、誰もいない。そそくさと準備をして歩き始めました。久しぶりの感覚にワクワクする。自宅からほんのわずかな距離の場所でクロカンができるなんて、夢のよう。ところが、しめった雪なので、スキー板に雪がくっついてしょうがない。いったん、自宅に戻り、ワックスを引っ張り出し、塗ろうとしましたが、スポンジが劣化していて、使えませんでした。仕方がないので、そのまま歩くことにしました。黙々と歩いたり、滑ったりすること1時間。次第に気温が上がり、太陽も顔をのぞかせ、雪が溶け始めてきました。ここで、切り上げることにしました。

 できれば、ちゃんとしたスノーフィールドを歩いてみたいものです。

Kurokan2

Kurokan1

Kurokan4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

悲しい 高千穂鉄経営断念

 今年9月、台風14号が日本各地に多大な被害をもたらしました。その中で宮崎県北部の町、北方町役場がみるみるうちに浸水していくニュース映像は衝撃的でした。この北方町は、わたしの父が生まれた町。生活したことはありませんが、いまでもわたしの本籍は北方町にあります。

 さらに衝撃的だったのは、高千穂鉄道の大規模な被害でした。わたしの本籍地は高千穂鉄道の曽木駅の近くの線路沿いにあります。里帰りの時に乗ったり、見たりしてきた国鉄時代からわたしにとってなじみの路線でした。国鉄として廃止指定を受けましたが、第三セクターとして生き残ることができました。

 沿線人口は多くないので、経営は苦しいものがありました。しかし、高千穂などの観光資源を生かしたり、必死な経営努力をしたりして、がんばってきたところにこの災害。いままでも自然災害が原因で廃線に追い込まれた鉄道は数が知れません。高千穂鉄道にはがんばって欲しかったのですが、現経営陣としては、「経営断念」の結論を出しました。

 悲しいですが、経営状態を考えると、この結論もいたしかたないかなと思います。何とか復活する手はないものでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

ジュビロ磐田弁当

 昨日は、ドイツW杯組み合わせ抽選会、天皇杯5回戦、J1・J2入れ替え戦とサッカーファンにはたまらない1日でした。

 その中で、昨日は、ヤマハスタジアムで天皇杯5回戦、磐田×新潟のゲームを見てきました。試合については、「くろグ」をご覧ください。と言っても、それほど詳しく書いていませんが。
 ヤマハスタジアムはスタジアム内の食べ物が充実しているのですが、その中で昨日はジュビロ磐田弁当を購入しました。みそカツと鮭の2種類。それぞれ掛け紙も違います。中身は幕の内。販売所の張り紙には便宜的に「みそカツ」、「鮭」と書いてあるようで、言うほど、それらが幅を利かせている訳でもありませんでした。

 我が名古屋も作ればいいのにな。浦和はもっとすごい弁当があるそうです。

Simg_3179

Simg_3180

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »