« 悲しい 高千穂鉄経営断念 | トップページ | 高松と神戸の駅弁 »

2005年12月23日 (金)

近所でクロスカントリースキー

 クリスマスを目前にして、日本列島を寒波が襲いました。東海地方も各地で大雪に見舞われ、わたしたちの三河の平野部でも10㎝前後の積雪がありました。

 わたしの冬の楽しみとして、クロスカントリースキー(クロカン)があります。最近はずいぶんご無沙汰ですが、5年ほど前は雪の便りを聞くと、乗鞍や白馬へ車を飛ばし、雪の中をスキーで歩いていました。ゲレンデスキーよりクロスカントリースキーを愛好するものなど、身近にいるはずもなく、独りで出かけていました。

 この大雪に、久しぶりにクロカンの虫が騒ぎ、家からすぐ近くの広場を歩くことにしました。こんなところで、クロカンギアを手にして歩くのは恥ずかしい気もしますが、滑ることができれば、いいのだ。
 よし、誰もいない。そそくさと準備をして歩き始めました。久しぶりの感覚にワクワクする。自宅からほんのわずかな距離の場所でクロカンができるなんて、夢のよう。ところが、しめった雪なので、スキー板に雪がくっついてしょうがない。いったん、自宅に戻り、ワックスを引っ張り出し、塗ろうとしましたが、スポンジが劣化していて、使えませんでした。仕方がないので、そのまま歩くことにしました。黙々と歩いたり、滑ったりすること1時間。次第に気温が上がり、太陽も顔をのぞかせ、雪が溶け始めてきました。ここで、切り上げることにしました。

 できれば、ちゃんとしたスノーフィールドを歩いてみたいものです。

Kurokan2

Kurokan1

Kurokan4

|

« 悲しい 高千穂鉄経営断念 | トップページ | 高松と神戸の駅弁 »

コメント

myHPへのご訪問とコメント&トラックバック、ありがとざいました。
今冬は、そちらでも大雪が降って、クロカンができた・・・楽しく読ませていただきました。

投稿: sakag | 2006年3月 2日 (木) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2608/139058

この記事へのトラックバック一覧です: 近所でクロスカントリースキー:

« 悲しい 高千穂鉄経営断念 | トップページ | 高松と神戸の駅弁 »