« 高松と神戸の駅弁 | トップページ | わたしの経端地 »

2006年1月 5日 (木)

今年の初旅・初駅弁

 あけましておめでとうございます。

 1月4日、1日分残った18きっぷを使って、今年の初旅に出ました。
 乗ったことのない鉄道に乗ることを趣味にしているので、日帰り範囲内で乗ったことがない鉄道を探すと、富士急行がありました。では、岡崎からどうやっていこうかな。鉄道のみで行くと、時間的にロスがあるので、JR御殿場線・御殿場駅からバスで富士急行・河口湖駅へ向かうことにしました。

Shizuoka7

 5時58分の始発列車で岡崎を出発。豊橋で沼津行に乗りかえるも、ロングシート車両。これから3時間、ロングは辛いので、浜松から静岡の間はホームライナーに乗りました。310円余分にかかりましたが、特急車両でゆったりできました。さらに、静岡で駅弁を買って食べる時間を作ることができました。今年の初駅弁は、静岡駅の「幕の内お弁当」でした。
「幕の内お弁当」は、まず包み紙が昭和な感じがします。中身はごく普通の幕の内です。メンチカツやエビフライ、煮物などボリュームたっぷりの内容です。もちろんわさび漬けも入っています。

 ホームライナーに遅れること30分、追いついてきた沼津行に再び乗り込みました。朝が早く、おなかもふくれたので、気が付いたら、寝ていました。沼津駅前郵便局で旅行貯金をした後、御殿場線に乗り換え、御殿場へ。実に12年ぶりの御殿場線。今日の富士山はとても美しい。10時22分、御殿場到着。ここで富士急行バスに乗りかえました。
 御殿場市街を離れ、北へ走ると、徐々に富士山が大きくなってきました。東海道線側には山頂付近に雪が無かったのですが、山梨側は真っ白でした。山中湖を右手に見ながらバスは走り、11時40分、ただ今改装中の河口湖駅に到着しました。

Img_3222

Img_3225

 いよいよ富士急行に乗ります。ホームには、12時発、フジサン特急が停車中。フジサン特急の車両は、元JR東日本のパノラマエクスプレスアルプス号で、6両1編成で両端の車両がパノラマ車両でした。富士急行に移ってからは、それを2分割して、3両2編成にしました。6両をそのまま真ん中で分割したので、編成によってパノラマ車両の位置が違うそうです。今回乗った編成は大月側にパノラマ車両でした。車両の全体にフジサンキャラクターが描かれていて、その中でも「フジワレ」が気になりました。車内は実に広々。シートピッチが飛行機のファーストクラス並み。足を伸ばしても前の座席に届かない。すばらしい。12時、発車。特急という割に速度は速くありません。26.6㎞を42分かけて走るので、表定速度は38㎞。そう言えば、併走する自動車に抜かれていました。

Otsuki

 大月で、本日2つめの駅弁「しめじ御飯」を買って、JR中央本線の高尾行に乗りました。この区間の上りに乗るのは初めてかも。
 大月は釜めしが有名なようですが、駅舎の売店では、幕の内としめじ御飯しかなかったので、しめじ御飯を選びました。ところが、ホームの売店には、釜めしがありました。「しめじ御飯」ですが、茶めしのうえに醤油漬けのしめじがのっていて、漬け物、鶏の照り焼き、みかん、栗が添えてある非常にシンプルな中身です。550円という現在の駅弁の中において、安価であるのがいい。

 高尾に着いたら、京王電鉄に乗り換えて、乗ったことがない線に乗りまくって、橋本に抜けました。残念ながら、東府中-府中競馬正門前は残してしまいました。橋本からこれまた12年ぶりの相模線に乗って茅ヶ崎へ向かいました。

Chigasaki

 茅ヶ崎では4分でJR東海道本線熱海行きに乗り換えなくてはならないが、駅弁を買っておきたい。駅弁売り場を探している間に時間になってしまう不安を抱えつつ、改札を出ると、すぐ横に売り場を発見。ラッキー。「三崎まぐろの浜ごはん」を購入。すぐにやって来た熱海行きに乗り込み、1ボックス確保し、駅弁を食べました。
 茅ヶ崎で買ったわけですが、製造元は大船軒です。「まぐろ」と書いてあるだけあって、ごはんの上にまぐろの照り焼きがどんとのっています。煮物といっしょになぜかブロッコリーも入っていますが、ブロッコリー特有の臭みが無く食べやすくなっています。
 これで3食食べたので、終わりにしたいところですが、昼夕と小ぶりの弁当だったので、まだ食べられそうだ。富士で探してみることに決め、熱海で乗り換えて、18時35分、富士で下車しました。ところが、すでに売り切れ。残念。

Shizuoka6

 失意のまま次にやってきた島田行きに乗ると、この列車が車両増結のため静岡で8分停車することが判明。増結の間に「親子めし」を買うことができました。帰宅ラッシュ時でしたが、増結車両に1ボックスを確保して、駅弁を食べました。
「親子めし」というだけあって、ごはんの上には卵と鶏肉がのっています。おかずの煮物も含めて、全体が甘めの味付けになっています。

 食った食った。後は一路帰るのみ。島田、浜松で乗り換えて、21時58分、岡崎に戻ってきました。

 日帰りでしたが、富士山を満喫し、東京にも行けて、久しぶりに18きっぷの醍醐味を味わいました。年末年始の休みが終わり、次に旅に出られるのはいつのことになるでしょうか。

|

« 高松と神戸の駅弁 | トップページ | わたしの経端地 »

コメント

私のブログにご来場頂きありがとうございました。

駅弁の紹介…おいら食べることは生きがいなので(っていうか、ただのデブなので…)とても興味深く拝見させていただきました。

また、ちょくちょく寄らせていただきます!!

投稿: ささのはぱんだ | 2006年1月10日 (火) 23時44分

>ささのはぱんださん
 早々駅弁を食べる機会がないので、なかなか駅弁ネタはかけないと思いますが、またお越しください。

投稿: くろ | 2006年1月12日 (木) 22時37分

くろさん、ご訪問&コメント有難うございました
富士急行は、僕はまだ乗った事がないんです 早く乗りたい路線です^^

上の記事にも出ている御殿場線の「あさぎり」に先日乗って、富士山を眺めてきました
御殿場線からは、ホントに富士山が良く見えますね^^

投稿: Shane | 2006年1月20日 (金) 00時42分

>Shaneさん
 この日はとても天気が良くて、いろいろな角度から富士山を眺めることができました。静岡県とか山梨県の人たちがうらやましいです。「あさぎり」車両はホームライナーで乗ったことがあります。 

投稿: くろ | 2006年1月25日 (水) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2608/246030

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の初旅・初駅弁:

» 車窓から素晴らしい富士山! 〜 特急「あさぎり」 〜 [ShaneのさまよいBlog]
今日は東京出張でした。 今朝名古屋を出れば間に合うような出張だったのですが、 昨晩、沼津に泊まり、朝 8:00発の特急「あさぎり」に 乗って新宿に向かいました。 この列車は御殿場線を通り、途中の松田から 小田急に乗り入れ、小田急新宿へ向かいます。 JR東海と小田急の共同運行をしていて、 両社が特別の車両をこの列車に使っています。 JR東海の車両は、371系という、白に青い塗装の 新幹線を思い浮かべるようなスマートな電車で、 グリーン車は二階建ての上の階にあり、 窓が..... [続きを読む]

受信: 2006年1月20日 (金) 00時43分

« 高松と神戸の駅弁 | トップページ | わたしの経端地 »