« わたしの経端地 | トップページ | ウォーキービッツ »

2006年2月 5日 (日)

勇壮な火祭り 滝山寺鬼祭り

 2月4日、三河地方に春を呼び、豪快な火祭りで知られる、岡崎市滝山寺の鬼祭りが行われ、見てきました。

 鬼祭りは火祭りの部分が大きく取り上げられがちですが、実際は祭りの一部分でしかありません。午後3時30分の行列から始まり、仏前法要や庭祭りを経て、クライマックスの火祭りに至ります。と書いてみたものの、わたしがみたのは、クライマックスの火祭りの直前の庭祭りからなのですが。

■ まつりの内容とスケジュール  < 例年の場合 >

■主催/滝山寺・鬼まつり保存会

■スケジュール(雨天決行)
① 寺宝展   午後1時より宝物殿にて
② 12人衆登山行列   午後3時30分 仁王門発 (所要時間はおよそ30分)
 将軍の使者として鬼まつりを行う滝山寺学頭(住職)が江戸から到着したことを表すものです。
③ 仏前法要   午後5時より
④ 長刀お札振り  午後6時20分頃
⑤ 鬼塚供養(豆まき)  午後6時30分頃
 鬼塚には昔、身を浄めずに祭りで鬼面をかぶったために、面が取れなくなって悶死した山伏を埋めたという伝説があります。またこの時、山伏が父面・母面をかぶったまま埋められたため、現在、この2面が存在しないとも伝えられます。
⑥ 庭まつり(田遊祭)  午後7時
 田植えなどの農作業の過程を詞と所作で表現し、田植え歌も歌います。
⑦ 火まつり  午後7時45分頃
 運慶作と伝えられる祖父面、祖母面、孫面をかぶった鬼が登場し、大たいまつを持った数十人の人々が乱舞するかのように従います。暗闇の中にたいまつの火がゆらめく様は勇壮で、まつりは最高潮に達します。
⑧ 終了  午後8時                            


岡崎市観光協会のHPより

S132_3259_1

 7時過ぎたころ、滝山寺の入り口に到着しました。参道に人はまばら。急な階段を上がり、本堂前に出ると、立錐の余地もないくらいの人であふれていました。祭り全体を見渡せる正面の位置をあきらめ、全体は見えないけど、より本堂に近づける、東側から見ることにしました。本堂までの距離は数メートル。
 本堂の前では、十二人衆と呼ばれる男たちの庭祭りが続いています。五穀豊穣を祈る祭りだそうです。庭祭りが続いていますが、本堂の裏では火祭りの準備が着々と行われ、たいまつを持つ、白のほっかむりをした白装束の男たちの出入りが激しくなってきました。

S132_3271

S132_3275

 いよいよ激しい鐘の音とともに、火祭りが始まりました。初めに子どもたちがやや小ぶり(1メートル)のたいまつを持って出てきました。小ぶりとは言え、激しく燃えるたいまつに子どもたちはおっかなびっくりでした。子どものたいまつがいなくなると、いよいよ大人たちが大きな(2,3メートル)たいまつを欄干にぶつけながらやってきました。屋根に燃え移りそうなくらいの火の勢い、飛び散る火の粉に見ている人たちもおもわず後ずさりしてしまうほどです。そして、祭りの主役、祖父、祖母、孫の面を着けた鬼が出てきました。孫面の鬼は小学生が務めるそうです。孫の鬼が欄干の擬宝珠の上に立たされるといっせいに歓声が上がりました。いつしか本堂の中も炎であふれていました。これ以上続けたら、本堂が燃えてしまうところで、いっせいに火が消され、祭りが終わりました。

 気が付くと、火の勢いに圧倒されて、ひざが震えていました。

|

« わたしの経端地 | トップページ | ウォーキービッツ »

コメント

コメントありがとうございました。
地元の祭りだから子供のころから毎年これを見ないと春が来ない感じです。
こういった他所ではない祭りが地元にあるっていうのがうれしいですね。

投稿: たおぞう | 2006年2月 5日 (日) 21時38分

コメントありがとうございいました。
えー、上にコメントしております「たおぞう」の嫁でございます(笑)
数年前、このお祭りを始めて見たとき、本堂の中を行き交う松明の火に驚きました。
古いお寺だから、火が着いたら、あっという間に燃えてしまうのではないかと、毎年ドキドキしています。

投稿: 楠桜 | 2006年2月 5日 (日) 22時55分

>たおぞうさん、楠桜さん
 ご夫婦で書き込みありがとうございます。お2人で別のブログを立ち上げているのですね。
 火祭りは炎に圧倒されっぱなしでした。古いからといって、簡単に燃えるものでもないそうですが、本堂をよく見ると、あちらこちらが焦げていますよ。

投稿: くろ | 2006年2月 6日 (月) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2608/614640

この記事へのトラックバック一覧です: 勇壮な火祭り 滝山寺鬼祭り:

» 鬼祭り [日々是雑感]
今日は鬼祭りだったよ。 ちょっと遅めに行ったので前のほうは人でいっぱい。 気合の入ってるカメラマンは前のほうで脚立装備。 でも前のほうで脚立に乗られると邪魔なんだよな。 僕は気合入ってないので後ろのほうで十分。 今年は例年より寒かったけど雪や雨じゃないだ....... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 21時35分

» 寒いです…((((;゚Д゚))) [ひみつ日記]
2・3日前から、今日は「寒いです」と言われ続けてきた。 …えぇ、寒かったです。 すんごい寒かったです。 どれぐらい寒かったかと言いますと、うちの西側の窓が凍りました。 部屋の中側が… しかも、人がいる寝室の部屋のサッシです。 ガラス....... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 23時05分

» 田遊び [しのわずり]
田遊びは、1月から3月にかけて農作業の形を演じて、その年の豊作を祈願するという [続きを読む]

受信: 2006年2月18日 (土) 22時46分

« わたしの経端地 | トップページ | ウォーキービッツ »