« 名古屋と松山の駅弁 | トップページ | この夏、韓国へ行きます »

2006年5月14日 (日)

ユカギルマンモスミュージアム

 昨年、愛知県のみならず日本を熱狂させた愛・地球博。そこで人気を博していた、冷凍マンモスが今、豊橋市自然史博物館(のんほいパーク)で展示されています。わたしたちは昨年の愛・地球博では見なかったので、この機会に見ることにしました。

 5月13日、見に行きました。ゴールデンウイーク中は、2時間待ちと言うこともあったそうですが、ゴールデンウイーク直後の週末、雨が降っているので、空いていると判断しました。

Simg_3481

 午後2時半頃、のんほいパークに到着。早速、豊橋市自然史博物館へ。ユカギルマンモスミュージアム(特別企画展示室)に入っても、予想通り苦にならないほどの人の数でした。冷凍マンモスコーナーの手前の部屋にマンモスの牙や歯が展示されてあって、触ることもできました。冷凍マンモスを復元したマンモスの複製が存在感を出していました。


 そして、いよいよ冷凍マンモスとご対面。黒いカーテンで仕切られた一室に入ると10人ぐらいの人がいました。その向こうのガラスの中に冷凍マンモスの頭部が鎮座していました。これが、あの冷凍マンモスか。皮膚や毛がよく残っています。残念ながら鼻は元から無いそうです。万博のように長時間並ぶことなく、しかも思う存分見ることができました。

Simg_3483

 その後、豊橋総合動植物園に新しくできたオーストラリア園を見ましたが、雨なので、屋外に動物は居ませんでした。その代わりと言っては何ですが、CBCテレビ「そらナビ」の中継が来ていて、生中継前の沢朋宏アナを見ることができました。


 豊橋市自然史博物館のユカギルマンモスミュージアムは、6月18日までです。

|

« 名古屋と松山の駅弁 | トップページ | この夏、韓国へ行きます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2608/1791749

この記事へのトラックバック一覧です: ユカギルマンモスミュージアム:

« 名古屋と松山の駅弁 | トップページ | この夏、韓国へ行きます »