« この夏、韓国へ行きます | トップページ | 駒ヶ岳ロープウエイに乗って »

2006年8月10日 (木)

韓国の駅弁と食堂車メニュー

 8月5日~7日まで、KRパス(Korea Rail Pass)を使って、韓国の鉄道に乗る旅をしてきました。
 
 韓国には、日本のように各駅ごとにその土地独自の弁当はありません。しかし、車内販売で弁当を売っていることがあります。また、大きな駅のホームにあるファミリーマートで、幕の内弁当を売っています。
 清凉里→江陵のムグンファ号(日本の急行に相当する列車)で、海苔巻き弁当と幕の内弁当を売っていて、今回、海苔巻き弁当を食べました。夜行列車に車内販売があったり、地方を走る列車に車内販売がなかったり、列車によって車内販売の有無があるようです。

 韓国の鉄道には、京釜線(ソウル~釜山)を走る、セマウル号(日本の特急に相当する列車)やムグンファ号の一部列車に食堂車が連結されていて、手軽な値段で食事を楽しむことができます。今回は、ソウル行きのセマウル号の食堂車で食事をしました。全体的に辛い味付けで、ヒーヒー言いながら食べました。

 写真の左から「海苔巻き弁当(キムパブ ドシラク)」の掛け紙、「海苔巻き弁当」の中身、東大邱駅のファミリーマートで買った弁当、セマウル号の食堂車の韓国式定食です。

Korea1

Korea2

Korea4

Korea5

|

« この夏、韓国へ行きます | トップページ | 駒ヶ岳ロープウエイに乗って »