« 韓国の駅弁と食堂車メニュー | トップページ | 待ってました 吉野家の牛丼 »

2006年8月16日 (水)

駒ヶ岳ロープウエイに乗って

 お盆休みのまっただ中の8月15日、駒ヶ岳ロープウエイで千畳敷カールへ行きました。

Simg_3634

 岡崎の自宅を9時30分ごろ出て、東名高速、東海環状道、中央道を経由して、駒ヶ根ICに着いたのが、1時前。麓からは千畳敷がきれいに見えました。山の上で、昼食をとるべく、コンビニで買い物をして、ロープウエイ乗り場行きの駐車場に着いたら、「ロープウエイ2時間待ち」というお知らせ。ここまで来て引き下がるわけに行かず、バスに乗って、ロープウエイ乗り場(しらび平駅)へ向かいました。くねくねと山の中を走ること40分、ロープウエイ乗り場に着きました。そこには、ロープウエイ待ちをしている人であふれていました。バスを降りると、ロープウエイに乗るための整理券をもらいます。乗車予定時刻は、「16時15分」。今の時刻が2時前だから、あと2時間以上もありました。山の上で食べるつもりだったコンビニのおにぎりを食べたり、乗り場周辺を歩いたりして過ごし、最終的にはベンチで座って待つことにしました。3時ごろ、駒ヶ根ICに着いたとき、晴れていた山頂付近は雲で覆われていました。多分、山頂の視界は無いでしょう。諦めて帰る人が出る中、待ち続けていると、3時半ぐらいに青空が出てきました。

Simg_3648

 予定より早い4時ごろ、ロープウエイに乗ることができました。山頂駅までおよそ7分。山頂の天気は良好。涼しくて気持ちがいい。ここでも帰りのロープウエイの整理券をもらいました。乗車予定時刻は「18時」。自動的に山頂で2時間過ごさなくてはなりません。2時間あれば、宝剣山荘の尾根まで行って帰れるだろう。千畳敷カールの中の遊歩道を10分ほど歩くと、登山道へ分岐します。はじめは緩やかなのですが、徐々に角度が急になり、苦しくなってきました。八丁坂と言われるジグザグ道を休み休み登ること30分、汗だくになりながら、乗越浄土と言われる尾根にたどり着きました。千畳敷側は伊那谷から南アルプスまで見渡せましたが、反対側は雲が広がり、あまりよく見えませんでした。ここで10分ほど過ごして、先ほど登ってきた坂をゆっくり下っていきました。

 ロープウエイ乗り場に戻ってきたころ、霧が辺りを覆い始めました。ロープウエイに乗り、バスに乗り換えて、麓の駐車場に着いたころは、辺りは真っ暗になっていました。

|

« 韓国の駅弁と食堂車メニュー | トップページ | 待ってました 吉野家の牛丼 »

コメント

いやあ、大変でしたね。しかし、待ち時間のおかげで思いがけず山歩きができたのだから、それに関しては良かったのかも知れませんね。
駒ヶ岳は私も佐久間に住んでいた頃は何回か行きました。南アルプスの眺めなら、しらびそ高原も良かったですよ。

投稿: 上ちゃん | 2006年8月17日 (木) 20時18分

>上ちゃんさん
 コメントありがとうございます。数年前の夏休みにも行きましたが、麓で泊まって、朝一番だったので、スムーズに登ることができました。それをイメージしていましたが、お盆なので、仕方がないですね。

投稿: くろ | 2006年8月18日 (金) 08時17分

初めまして、お越し頂きまして有り難うございました。
あれは観光会社の陰謀です(笑)、バスセンターで2時間待ちだったら おそらく1/3程の人は諦めて、頂上には行かなかったでしょう?とにかくロープウェイの駅まで連れて行けばそこでキャンセルして引き返す人は少ない・・・まんまと術にかかってしまいました。
おまけに、あれだけ待って千畳敷に上がると・・1時間++程で
帰りのロープウェイの整理番号がコールされて・・・、でっかい腹とか細い足で戻るのが大変でした。

投稿: ぽぱい | 2006年8月19日 (土) 16時36分

くろさん、再度です。
当方は豊田です。

投稿: ぽぱい | 2006年8月19日 (土) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2608/3078252

この記事へのトラックバック一覧です: 駒ヶ岳ロープウエイに乗って:

« 韓国の駅弁と食堂車メニュー | トップページ | 待ってました 吉野家の牛丼 »